「長安杯」京津冀障害者ゲートボール親善試合で–スポーツ–人民網-seaway

中国障害者スポーツスポーツ管理センター、北京市長、天津市長、河北省が共同主催し、北京市で開かれているスポーツ連合会、千葉市広報協会、千葉市広報担当者事務所及び語学教育協会が主催した「長安カップ」の北京京津系障害者会議の親善試合が9月29日、北京市役所競技場のドア場で幕を閉じた。北京市、天津市、河北省からの32本の末端代表チーム220人以上の選手が集まって北京に集まり、スポーツコンテストを通じて、障害者の積極的な向上、粘り、楽観的な精神的な姿を展示しました。障害者の会議は広大な障害者に人気のある大衆性のスポーツのプロジェクトで、全国で普及して普及する広い見通しを持っています。障害者の会議を積極的に広めるために、北京・北京市の障害者の大衆体育活動の共同発展を促進するため、中国障害者体育運動管理センターが共同北京市障害者体育運動協会を共同で開催し、試合期間には障害者の会議の規則及び技術指導マニュアルのシンポジウム及び「名をつけて」の北京京津希望障害者グループの共同発展計画シンポジウムを開催した。(责编:杨磊、胡雪蓉)

“长安杯”京津冀残疾人门球友谊赛举行–体育–人民网 人民网北京9月30日电 (记者薛原)由中国残疾人体育运动管理中心、北京市残联、天津市残联及河北省残联共同主办,北京市门球运动协会、房山区残联、房山区城关街道办事处及房山区门球运动协会承办的“长安杯”京津冀残疾人门球友谊赛,于9月29日在北京市房山区体育场门球场落幕。来自北京市、天津市、河北省的32支基层代表队220多名运动员齐聚北京房山,通过体育竞赛展示了残疾人积极向上、顽强不息、乐观进取的精神风貌。 残疾人门球是一项深受广大残疾人欢迎的群众性体育项目,具有在全国范围内普及和推广的广阔前景。为积极推广残疾人门球项目并进一步促进京津冀三地残疾人群众体育工作的协同发展,中国残疾人体育运动管理中心联合北京市残疾人体育运动协会,在比赛期间还组织召开了残疾人门球规则及技术指导手册研讨会及“十三五”京津冀残疾人群体协同发展规划研讨会。 (责编:杨磊、胡雪蓉)相关的主题文章: